NTTドコモ 携帯電話に接続する骨伝導レシーバマイク発売へ

印刷

NTTドコモは携帯電話に直接つないで受話器になる、外付けの骨伝導レシーバマイク「Sound Leaf(サウンドリーフ)」を開発したと、2006年7月18日発表した。骨伝導技術で、音の振動を頭部の「骨」から聴覚神経に伝えるため、騒音がある場所での通話や、聴覚障害を持った人でも良く聞こえる仕組みになっている。8月下旬以降に発売される見通しだ。

NTTドコモが発売する骨伝導レシーバマイク「Sound Leaf」
NTTドコモが発売する骨伝導レシーバマイク「Sound Leaf」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中