金融庁が日本生命に業務改善命令

印刷

金融庁日本生命保険に対し、業務改善命令を2006年7月26日に出した。同社の50歳代の男性社員が保険契約書類を改ざんし、97年から05年で105件の保険を不正に解除したため。保険金の支払いを受けられなかった顧客は28人。同社は契約を元に戻し、保険金など約2億円を支払った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中