NTTドコモ 「らくらくホンⅢ」を発売へ

印刷

NTTドコモが開発した「FOMAらくらくホンⅢ」
NTTドコモが開発した「FOMAらくらくホンⅢ」

NTTドコモは、高齢者にも操作しやすい携帯電話「らくらくホン」シリーズの新機種「FOMAらくらくホンⅢ」を2006年9月にも発売する。約130万画素の高画質カメラを搭載しているため、小さな文字を最大4倍に拡大し、拡大鏡代わりにもなる。周囲の騒音レベルを感知し、ノイズを防いで自動的に音量調節して通話相手の声を聞きやすくする「はっきりボイス」機能を採用。急に具合が悪くなったときなど、裏面のスイッチをスライドさせるとの大音量アラームが鳴動して周囲に知らせ、あらかじめ指定した電話番号に緊急事態を知らせる「ワンタッチアラーム」機能を搭載した。価格は未定。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中