ネット工作疑惑 協栄ジム掲示板も

印刷

   ボクシングの亀田興毅選手の”疑惑の判定”をきっかけに、掲示板に組織的なカキコミをする「工作員」の存在がクローズアップされている。ネット上では、協栄ジム掲示板を含め、さまざまな「工作活動」が行われている、とささやかれ、騒動は拡大している。

   「工作活動」「自作自演」だとネット上で非難されているのが、亀田選手が所属する協栄ボクシングジムの掲示板だ。06年8月2日の疑惑の判定以降、判定に対するクレームのカキコミが殺到して「炎上」、全ての投稿が削除された。現在は、8月7日以降のカキコミ26件が確認できるが、内容は、亀田選手を賞賛するものばかり。「掲示板に書き込んでも、管理者が承認しない限り表示されない」というケースは珍しくないが、この掲示板が珍しいのは、「そもそもカキコミが出来ないのに、賞賛のコメントが1日数件更新されている」という点だ。J-CASTニュース記者も、「賞賛」のカキコミを試みたが、

掲示板は賞賛の声ばかり
掲示板は賞賛の声ばかり
「このホストアドレス(中略)からの投稿は管理者によって制限されています」

   と、カキコミを拒否されてしまった。違うIPアドレスからも何回か試してみたが、結果は同じだった。その一方で、亀田選手を賞賛するコメントが、毎日コンスタントに書き込まれているのが不可解だ。この点を指摘する書き込みが、掲示板上でも目立つ。

   協栄ボクシングジムは2006年8月15日夜、J-CASTニュースの取材に対してFAXで、こんなコメントを寄せた。

「返信が遅くなりました。
アクセス数がさっとうしたため、つながりにくい状態になっていたようです、又誹謗、中傷なども多数含まれていたため、一時期アクセスを規制させていただきました。
当ジムのHPの掲示板は、所属ボクサーを応援して頂く為のものです。この方針を変更する予定はございません。今後とも、弊社をご声援の程、宜しくお願い致します」

   J-CASTニュースの記事「亀田擁護カキコミは 『プロ工作員』の仕業? 」で取り上げたA社の他にも、「工作活動」を行っているとしてやり玉に挙がっているのが、ネットオークションを運営しているB社だ。「B社のオークションで問題が起こった」という話をしていても、気づいたら別の話に誘導されている、というのだ。例えば、こんな具合だ(編注:固有名詞は伏せてあります)。

「うまい具合にB社オークションが叩かれないようにB社工作員が出入りしているようだ。最近だと‥
.・公務員、土器を無断出品し首→公務員叩きへ誘導
・有名画家の絵画を模写し、出品して逮捕→画家の才能の有無へ誘導
・有名スポーツメーカーの偽クラブを販売した中国人を逮捕→中国人叩きへ
・化粧品の廃棄物を無断販売し逮捕→化粧品メーカーの裏事情へ誘導
・パイロットが偽ブランドを販売し逮捕→パイロットネタへ
なぜかB社オークションについての責任は一切書かれない。見事にスレの内容が他へ毎回誘導されている。B社工作員が常駐しているのか」

   もっとも、B社はJ-CASTニュースの取材に対して、

「ネット上の噂や悪口の監視のためのいわゆる『ネット風評監視サービス』のようなものは社内でも利用しておりませんし、外部委託もしておりません。ネット世論の操作・誘導のための書き込みや、噂や悪口への否定や反論等は行っておりません」

と、全面否定している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中