各種世論調査 「参拝支持」が半数超え

印刷

   小泉首相が2006年8月15日に靖国神社を参拝したことを受けて、共同通信毎日新聞読売新聞は世論調査を行った。

世論調査では小泉首相の「靖国参拝」に賛成するひとは過半数を超えたが…
世論調査では小泉首相の「靖国参拝」に賛成するひとは過半数を超えたが…

   共同通信は、06年8月15日午後から16日にかけて全国緊急電話世論調査を実施した。首相の「8・15参拝」について「参拝してよかった」という回答が51.5%で半数を超えた。毎日新聞も、06年8月15日・16日に電話世論調査を実施した。参拝を「評価する」という回答は50%で、「評価しない」は46%だった。読売新聞も同期間に実施。「支持する」は「どちらかといえば」を合わせて53%、「支持しない」は39%という結果が出た。3社の調査とも、小泉首相の靖国参拝を支持する意見が半数を超えた。

   このうち読売の調査によると、小泉首相が、中国・韓国の反発で中止するのはおかしい、A級戦犯ではなく戦没者の追悼が目的だ、政教分離を定めた憲法違反ではなく「心の問題」、などと説明したことに対して、「納得できる」が計59%で、「納得できない」の計35%を大きく上回った。

小泉首相の考え方に賛同しながら、次期首相に「靖国問題」の解決を求める?

   また、共同・毎日は次期首相の靖国参拝について、「反対」の意見が「賛成」より多いことを紹介している。共同では「参拝すべきではない」が44.9%、「参拝すべきだ」が39.6%で反対派が上回り、毎日でも「反対」の47%が「賛成」の42%を上回るという結果になった。毎日は、この結果から「小泉首相の参拝を特別視する世論の傾向がうかがえた」としている。読売でも「賛成」と「反対」が拮抗した。
   さらに、共同の調査では、同神社に合祀されているA級戦犯について「分祀した方がよい」が60.4%にも達している。また、読売の「戦没者追悼にふさわしい場所は?」との質問には、30.3%は「国立の戦没者追悼施設」、18.8%が「A級戦犯を分祀した靖国神社」を挙げ、両者の合計は「今の靖国神社」を挙げた25.4%を大きく上回っている。読売は「国民が戦没者追悼のあり方について、何らかの新たな対応を求めている」と分析している。

   次期首相の靖国参拝について消極的な意見の方が多い理由はあまりはっきりしない。小泉首相の考え方とパフォーマンスに共感を覚える一方で、次期首相には「靖国問題」の解決を求めている、ともいえる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中