物件も出資者も ミクシィで探して開業

印刷

   最大手のミクシィ(mixi)の登録者数は500万人を超えるなど、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が急成長している。当初は「知り合い同士をオンラインでつなぐ場所」という目的が主だったが、これだけでなく、SNSという「場」を実際のビジネスに生かそう、という動きが盛んになってきた。中には、物件も出資者もミクシィで探して、開業にこぎつける、というケースもある。

ネット上で儲ける方法について議論する

オンラインでもビジネスにリスクはつきものだ
オンラインでもビジネスにリスクはつきものだ

   この様なやりとりが実際に行われるのは、コミュニティー、略して「コミュ」が中心だ。一番身近なのが、「フリーマーケット」に近い形だ。主に売買されているものは、古本、衣類など。アナログの掲示板の「売ります・買います」コーナーが、SNSに移動してきたような感じだ。

   いかにもネット住民らしいのが、「初心者がネット上で儲ける方法」について議論されているコミュだ。こちらでは、アフィリエイト、ドロップシッピング、グーグル・アドセンスなど、「ネット上の小遣い稼ぎ」についての談義が行われている。

   その他にも、投資の方法について語り合うコミュなど、話し合われる内容は広い。

   さらに、オンラインの「コミュ」がオフラインに発展した例もある。「Web2.0でビジネスが変わる」(ソフトバンク新書)によると、この本の著者でビデオジャーナリストの神田敏晶さんは、04年10月、SNSをモチーフにしたバー「ドット・バー」をオープンした。開業にあたっては、物件も出資者もミクシィで探し、3ヶ月目で見つかったのだという。このバーは、いわゆる「一見さんお断り」の店で、メンバーの招待が必要だが、周りにメンバーがいない人は、ミクシィの該当コミュに参加を表明し、承認されることで、メンバーの招待と同様のものとして扱ってもらえる。

バイアグラを日本に輸出する商売もある

   コミュの紹介文には、

「ITの会員制テーマパークを目指しています!」
「コンテンツは『酒』ではなく『人』です!」

とある。オンラインでの人脈をオフラインで生かすための「場」、だという位置づけだ。とある。このコミュの参加者人数は、1,994人にも及ぶ。

   その一方で、一歩間違うと違法行為に足を突っ込みそうなコミュも無くはない。

   「まずは副業、小遣い稼ぎにチャレンジしてみて下さい」というこのコミュ、バイアグラなどの医薬品を海外在住者が日本に輸出販売しようという趣旨なのだが、

「オークションもかなり穴があるので売れます」

   と規約をくぐりぬける方法を示唆する、かなりきわどい発言も載っている。「オフライン」と同様、ビジネスに「リスクなし」というわけにはいかないようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中