マニア向けデジカメ「LUMIX LX2」 松下電器

印刷
松下電器が発売する「LUMIX DMC-LX2」
松下電器が発売する「LUMIX DMC-LX2」

松下電器は、1,020万画素のデジタルカメラ「LUMIX DMC-LX2」を2006年8月25日から発売する。フルマニュアル操作でカメラ好きに好評だった「LX1」の後継機種だ。
「LX2」は、画素数が840万画素から1,020万画素に引き上げたほか、液晶モニターも4:3の2.5型20.7万画素から、16:9の2.8型23万画素に大幅アップした。さらに、16:9ワイドCCDを搭載し、従来の4:3では表現できない、ワイドな画角での写真撮影が可能になった。
通常撮影モードでISO1600、高感度モードでISO3200の撮影にも対応している。業界でもトップクラスの高機能だ。同社の広報担当者によれば、「カメラを撮影するのが好きという人、いわゆるカメラマニアといった人たちが、マニュアルで撮影したいという希望をかなえる機種」。初心者には使いこなすのは難しいほど、マニュアルの操作性にこだわっている。
「LX2」は、ブラックモデルの色がより黒くなり、「LX1」でブラックとシルバーで共通パーツだったレンズ鏡胴部も、黒一色になった。「より『カメラっぽく』ということで開発した」(同広報)というように、クラシックな銀塩カメラを彷彿とさせるデザインになっている。
価格はオープンだが、店頭予想価格は6万円前後。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中