日テレ24時間テレビ 疑惑の映像次々消える

印刷

   日本テレビが2006年8月26日~27日に放送した番組「24時間テレビ29 愛は地球を救う」のなかで放映された「100キロチャリティマラソン」の2つのシーンがネット上で批判にさらされている。いずれのシーンも動画投稿サイトに流出し、さらなる批判の声を生んでいる状況だ。しかし、その動画が次々に消えている。

   1つめのシーンは、走っているお笑いコンビ・アンガールズの2人に沿道で応援している高齢の女性が触れると、後ろから駆けつけたスタッフがこの女性の顔の間近で厳しく注意した、というもの。このスタッフが何と言ったのかは明確ではないが、番組でも叫んでいるのがわかるほどのとてつもなく大きな声での激しい「注意」にネット上では、「度が過ぎているのでは」として批判の声が上がった。

「あれは注意じゃなくて恫喝だっただろ」
「年寄りにあんな態度とってたんじゃ地球も日本も救えないよ…」

   2ちゃんねるでは、こんな具合に批判が飛び交う。

動画投稿サイトYouTubeにアップされたのが批判のきっかけ

YouTubeでは2つのシーンの動画が次々と消えている
YouTubeでは2つのシーンの動画が次々と消えている

   そもそも、動画投稿サイトYouTubeには、このシーンの映像がアップされ、誰でも閲覧できるようになったことがこのような批判のきっかけだ。2ちゃんねるなどの掲示板では、この動画が見れるようにリンクを張ったスレッドがいくつも立ち、批判にさらに拍車を掛けた。

   日本テレビの番組制作担当者はスタッフの注意の仕方について、「配慮に欠けていた。スタッフに対しては注意した」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

   もうひとつのシーンの映像もYouTubeにアップされた。
   こちらのシーンでは、走っているアンガールズの2人の姿が中継されている場面で、番組内の出演者と思われる人が、

「山根やばいって」「山根、姿慎めよ」

   などとアンガールズの山根さんを嘲るような発言がマイクに拾われ、放送に乗ってしまったシーンだ。これに対しても、

「100キロマラソンやっている奴に掛ける言葉じゃないな」
「これで感動しろってんだから無理がある」

   など非難する声が掲示板などで上がっている。これについては、日テレ番組制作担当者は「指摘があるのは知っているが、(公にする)コメントについては検討している段階」と答えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中