「オトコ香る。」ガム 売れすぎでまたまた販売休止

印刷

   カネボウフーズは2006年9月2日、男性向けフレグランスガム「オトコ香る。ローズメントール」の発売を06年8月30日の出荷分をもって販売休止すると発表した。同製品は06年7月10日に発売され、わずか3週間足らずの同28日に販売休止を発表。販売チャネルをコンビニエンスストアに限定して06年8月7日に販売再開を発表したが、一ヶ月足らずで販売再休止となった。

再び販売休止になった「オトコ香る。ローズメントール」。今度はいつ販売再開となるか
再び販売休止になった「オトコ香る。ローズメントール」。今度はいつ販売再開となるか

   「オトコ香る。」は同社の独自の技術で開発し、食べると体から香り成分が発散するという男性向けのガムだが、その目新しさが手伝ってか生産が追いつかない。同社広報は、「8月7日に販売再開したばかりでの販売休止で、消費者の方には再開できてないといった印象でしょう。商品を供給しなくてはいけないメーカーとしては、ご迷惑をかけて申し訳ないとしか言えません」とJ-CASTニュースに対して答えた。「売れすぎ」はメーカーにとっては「嬉しい悲鳴」のはずだが、こうも販売休止が続くとそういうわけでもないらしい。なお、「オトコ香る。」ガムの販売再開の目処は立っていないという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中