偵察衛星の打ち上げに成功 JAXA

印刷

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2006年9月11日13時35分(日本時間)、種子島宇宙センターから情報収集衛星光学2号機を搭載したH-IIAロケット10号機(H-IIA・F10)を打ち上げ、衛星を予定軌道に乗せることに成功した。情報収集衛星は、事実上は北朝鮮のミサイル施設などを監視する偵察衛星で、全4基で地球上のあらゆる地点を1日1回撮影することができるという。この日打ち上げられたのは3基目だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中