ヤマト運輸 郵政公社は独禁法違反と公取委に申告

印刷

ヤマト運輸は2006年9月11日、日本郵政公社が独占禁止法第19条に違反しているとして、公正取引委員会に申告したと発表した。それによると、郵政公社は一般小包「ゆうパック」の原価計算で、独占している手紙やはがきなどの信書事業との共通経費の割り振りを操作し、不当に低くしているという。これにより、低価格の「ゆうパック」でヤマト運輸の宅急便の顧客を奪っているとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中