ムツゴロウ王国崩壊危機 それでも「動物たちは飢えさせない!」

印刷

東京あきる野市の「ムツゴロウ動物王国」の運営会社だったグローカル21が破綻し、「ムツゴロウ王国」は崩壊の危機に瀕している。2006年10月16日付けスポーツニッポンが報じた。同紙によると、負債総額は8億円に上るという。

「ムツゴロウ動物王国」の旧運営会社グローカル21は来月には破産する見通しで、すでに設立者である”ムツゴロウ”こと畑正憲さんのプロダクションが「王国」の運営会社となっている。「王国」に土地を貸し出している東京サマーランドJ-CASTニュースの取材に対し、

「グローカル21は賃料の延滞もあり、運営ができかねるとして、契約でムツプロ(畑正憲さんのプロダクション)に運営主体を移すことになった」

と答えた。ただ、負債額は相当なものと予想され、「王国」崩壊の危機には変わりはなさそうだ。

HPに「皆様にお詫び申し上げます」

「王国」はファンからの問い合わせにHP上で答えている
「王国」はファンからの問い合わせにHP上で答えている

当の「王国」は2006年10月16日、「王国」HPに

「皆様にはご不安、ご心配をおかけすることとなり、お詫び申し上げます」

との声明を掲載した。また、HP上の「動物王国はなくなってしまうのでしょうか」との質問には、

「動物王国はなくなりません。開園当初から運営を委託していた会社はこのような状況になりましたが、これからは私たちが皆さまの応援を心に刻み、自分たちの力で頑張っていきます」

と答えている。
同じく経営難で480頭もの犬が放置され、社会問題になっている広島県のドックパークを思い出した人も多いのか、「動物たちは大丈夫でしょうか」との問い合わせも多数届いたようだ。これに対し「王国」は、

「どんなに苦しくても、一緒にいる動物たちは飢えさせない!これは私たちの最優先です。(中略)今でも、たとえ自分たちは食べなくとも動物たちは飢えさせておりません。何があろうとも、動物たちのことは私たちが守ります」

と答えている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中