ホリエモン、裁判でも人気凋落 無抽選で傍聴可能に

印刷

証券取引法違反の罪に問われたライブドア前社長・堀江貴文被告の第15回公判が2006年10月16日、東京地裁で開かれた。一般傍聴席の数が67なのに対して、傍聴希望者も67人ちょうど。無抽選で傍聴希望者が全員入場できた。9月4日に開かれた初公判では2,002人が詰めかけ、「当選倍率」約33倍を誇ったが、ホリエモン裁判もすっかり飽きられてしまった形だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中