中田ヒデ 「一日って36時間だったっけ?」

印刷
引退後初めてヒデからのメッセージが届いた
引退後初めてヒデからのメッセージが届いた

元サッカー日本代表の中田英寿さんは2006年10月23日、自身のホームページでメッセージを公開した。新しいメッセージが公開されるのは06年7月に「人生とは旅であり、旅とは人生である」とのコメントを残して引退して以来初めて。そして、そのコメントどおり世界中を旅しているようだ。

中田英寿さんはメッセージのなかで、

「俺も最初は、どうせ1、2ヶ月もしたらこんな生活にも飽きて、毎日何をしたらいいか困っちゃうんじゃないかと思っていたけれども……とんでもない!!毎日、一日って36時間だったっけ?と思うくらい忙しい毎日を送っているよ」

などとコメント。引退から3ヶ月間でインドネシア・ニューヨーク・パリ・イスタンブール・ベオグラードなどを訪れたエピソードが綴られている。

中田さんは、自身がかつて在籍したJ2の湘南ベルマーレのジュニアチームのユニホームのデザインをしたり、CM撮影にも旅の途中で取り組むなど、世界中にいながら日本国内で活動は目覚しい。しかし、その後の進路については言及されていない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中