ルーブル所蔵品を多様に鑑賞 大日本印刷

印刷

大日本印刷(DNP)はフランス・ルーヴル美術館との共同プロジェクト「ルーブル-DNP ミュージアムラボ」の体験スペースを、東京都品川区のDNP五反田ビルに開設すると2006年10月25日に発表した。ルーブル所蔵作品を年2回入れ替えながら3年間展示し、作品や作者などの情報を入場者が自分の好みに応じた時間や方法で入手しながら鑑賞できる。情報はタッチセンサー付きの透明スクリーンで引き出す。第1回目は06年10月30日~07年3月10日で、テーマはジェリコー作「銃騎兵」。予約制で入場無料。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中