足利銀行の受け皿機関の公募始まる

印刷

2003年の経営破たん後に一時国有化している足利銀行の受け皿機関を決める公募を始めたと、山本有二金融担当相が06年11月2日の閣議後の会見で明らかにした。地域密着を重視した事業計画、公的負担の極小化につながる譲渡価格などを基に選考し、来夏までに譲渡先を決定する方針。応募する機関としては、横浜銀行千葉銀行などの関東甲信越などの地銀連合と、日興コーディアルのグループや「栃木銀行大和証券グループ」連合、「野村証券オリックス」連合などの名前があがっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中