高級フィルムコンパクトカメラ 富士フィルム

印刷
富士フィルムが発売する銀塩コンパクトカメラ「KLASSE W」
富士フィルムが発売する銀塩コンパクトカメラ「KLASSE W」

カメラのデジタル化が進むなか、富士フィルムは高級フィルムコンパクトカメラ「KLASSE(クラッセ) W」を2006年12月1日に発売する。アマチュア写真愛好家からプロまでに好評だった「KLASSE」の後継機種。28ミリF2.8の広角レンズを装備したほか、クラス最速となる1/500秒高速シャッター(絞り開放時)やシャッタースピードのファインダー内実速表示、独立した大型露出補正ダイヤルなど、マニアを満足させる機能を採用した。8,000台の限定販売。価格は95,000円(税別)。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中