買ってはいけない 外国製電気ストーブ

印刷

   テレビやDVDのリモコンを操作すると、電気ストーブのスイッチが入る。こうした誤作動が起きる電気ストーブがあることが、2006年11月15日の独立行政法人・製品評価技術基盤機構(NITE)の発表でわかった。火災などの事故はまだ報告されていないようだが、いったいなぜこんなことが起こるのか。

「テレビのリモコンでチャンネルの切替えをしたところ、リモコン付き電気ストーブが点灯した」
「何もしないのに、リモコン付き電気ストーブが勝手に点灯した」

   などの情報をNITEが得たのは2004年4月だったという。

中国から輸入2製品がテレビ用リモコンで点火

「NITE」ではストーブの誤作動について注意喚起している
「NITE」ではストーブの誤作動について注意喚起している

   NITEは、ヒーターの点灯が付属の赤外線リモコンで行えるストーブを13銘柄を購入し、国内家電メーカーの赤外線リモコン(テレビ用リモコン9社9銘柄、HDD/DVDレコーダー用リモコン9社9銘柄、ビデオレコーダー用リモコン4社4銘柄)でテストをした。すると中国から輸入した2製品が、ソニーシャープ日立のリモコンで点火したり、首振りをしたり、暖かさの強弱のスイッチが変わることがわかった。

   NITEは、

「今回はテレビやDVDなどのリモコンだけのテスト。エアコンなどリモコンを使う家電は多数あり、他にも誤作動に関係するリモコンがあるのではないか」

   と話し、リモコン全般に対して注意を促す。

   リモコンで誤作動が起きる原因は、リモコンから発せられる信号の一部がストーブを作動させる信号と一致しているためで、日本製品の場合は誤作動が起きないように信号の割り振りをしている。しかし、輸入品(中国、台湾、韓国等の海外メーカー設計製品)については、コストを考えて、こうした信号方式を採っていないものがある。さらに輸入ストーブを動かすために設定しているリモコンの信号が、短いことが誤作動を起きやすくしている。

   さらにリモコンだけでなく、冷蔵庫などの家電から出るノイズ(電圧の変化)で、点火など誤作動する中国製、台湾製のストーブが4機種見つかった。コストの問題などでノイズを抑えるフィルターが付いていなかったりするためだ。これは留守中に点火する場合もあり非常に危険だ。

使用する時以外はコンセントを抜くしかない

   そうなるとリモコン付きの電気ストーブは、使用する以外は電源からコンセントを抜くしか方法がない。経済産業省も06年11月15日、火災に至る危険性もあることから、関係団体、輸入事業者等に対して、製品の製造・輸入・販売を自粛するよう要請を行い、使用者に注意を呼びかけた。経済産業省はJ-CASTニュースの取材に、

「07年の2~3月までには電気用品安全法の改正の手続きをしたい。電気ストーブの一定の技術基準に達していなければ販売ができないようにする」

   と答えた。ただし、まだ事故が報告されていないことや、使う側が注意すれば事故には至りにくいということを理由に、販売店やメーカーにリコールの指示は出さないという。では、「法律はいつ頃改正されるのか」と聞くと、

「施行されるのが、いつになるか、まだわからない」

   ということなので、今後しばらくは、外国製のリモコン付きストーブを買う場合は仕様などをしっかりと確かめて買ったほうがよさそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中