JASRAC管理の着メロ無断配信の男を逮捕

印刷

社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)が著作権を管理する携帯電話の着信メロディーを、無断でホームページなどから配信していたとして、長崎県警は2006年11月27日、45歳の男を著作権法違反(公衆送信権の侵害)の疑いで逮捕した。JASRACによると、02年に同協会の管理楽曲が着信メロディー用のデータとして無断でこの男のホームページに掲載されていることを確認し、警告した。だが、この男が警告を無視して侵害行為を続けたために、同協会は06年11月21日に告訴に踏み切ったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中