滝川クリステルの「モナリザ」ポーズに賛否両論

印刷

   フジテレビニュースJAPAN」のキャスターをつとめる滝川クリステルの「モナリザ」ポーズの是非が同局の番組審議会で話題にのぼった。2007年3月15日付の産経新聞によると、14日に開かれた番組審議会で「ニュースJAPAN」が取り上げられた。体が正面を向かず、斜めに構えた滝川のポーズには賛否両論があった。このポーズは「彼女がもっとも美しく見える角度」と言われているが、「普通のキャスターと違う座り方なので違和感がある」との声も出ている。
   滝川クリステルと大学で同じクラスだった会社員男性(28)は「大学のときはあんな座り方はしていませんでしたね(笑)。彼女はしゃべり上手なほうではなかったので、あまりしゃべらなくてもいいように、ああいう演出をしているんじゃないでしょうか。まあ、あのポーズを気にしているのは熱狂的なファンだけだと思いますけど」と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中