セクハラ騒動に「みの」激怒 「TBSは絶対許さない」

印刷

   TBSの女性アナウンサーがみのもんた氏にセクハラを受けて番組を降板した、とする報道が波紋を広げている。週刊誌の取材に対して、TBS側がセクハラの存在を否定しなかったため、みの氏は「TBSを絶対に許しませんから」「TBSに抗議を申し込みましたから」と激怒したという。一方、TBS側は、J-CASTニュースの確認取材に「今後一切ノーコメント」と明言するなど、かなり過敏になっている様子だ。

女性アナウンサーに電話攻勢?

TBSには週刊誌の内容をもとにした質問はNGらしい
TBSには週刊誌の内容をもとにした質問はNGらしい

   問題を最初に報じたのは「女性セブン」2007年4月12日号(首都圏では3月22日発売)。みの氏がメインキャスターを務める早朝の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」に出演していた女性アナウンサーが06年10月に突然出演しなくなった背景を伝えている。それによると、06年夏ごろから、みの氏が女性アナウンサーに電話をかけるようになり、その内容が次第にエスカレート。女性アナウンサーは上司に相談、その結果、降板に至ったのだという。同誌はTBS関係者の声として

「とうとうみのさんはAアナに”ボクの愛人になったらメインキャスターにだってしてあげられるから”とまでいい始めたそうです。怖くなってしまったAアナは再び上司に相談したんですよ。そうしたら、それからまもなく降板になったというんです」

という声を紹介している。一方のみの氏はセクハラを否定、

「局もひどい、おかしいよ。彼女から相談を受けていたのなら、ぼくに言うべきだよ。今回の件はとてもしゃれですむ話じゃないね」

と、TBS側の対応に不信感をあらわにした。

   さらに、この記事には、TBS広報部の

「個人に関わるご質問につきましては、お答えを控えさせていただきます」

という、セクハラの存在を肯定も否定もしていないコメントが掲載されており、これが、みの氏の怒りを増幅させることになった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中