セクハラ騒動に「みの」激怒 「TBSは絶対許さない」

印刷

   TBSの女性アナウンサーがみのもんた氏にセクハラを受けて番組を降板した、とする報道が波紋を広げている。週刊誌の取材に対して、TBS側がセクハラの存在を否定しなかったため、みの氏は「TBSを絶対に許しませんから」「TBSに抗議を申し込みましたから」と激怒したという。一方、TBS側は、J-CASTニュースの確認取材に「今後一切ノーコメント」と明言するなど、かなり過敏になっている様子だ。

女性アナウンサーに電話攻勢?

TBSには週刊誌の内容をもとにした質問はNGらしい
TBSには週刊誌の内容をもとにした質問はNGらしい

   問題を最初に報じたのは「女性セブン」2007年4月12日号(首都圏では3月22日発売)。みの氏がメインキャスターを務める早朝の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」に出演していた女性アナウンサーが06年10月に突然出演しなくなった背景を伝えている。それによると、06年夏ごろから、みの氏が女性アナウンサーに電話をかけるようになり、その内容が次第にエスカレート。女性アナウンサーは上司に相談、その結果、降板に至ったのだという。同誌はTBS関係者の声として

「とうとうみのさんはAアナに”ボクの愛人になったらメインキャスターにだってしてあげられるから”とまでいい始めたそうです。怖くなってしまったAアナは再び上司に相談したんですよ。そうしたら、それからまもなく降板になったというんです」

という声を紹介している。一方のみの氏はセクハラを否定、

「局もひどい、おかしいよ。彼女から相談を受けていたのなら、ぼくに言うべきだよ。今回の件はとてもしゃれですむ話じゃないね」

と、TBS側の対応に不信感をあらわにした。

   さらに、この記事には、TBS広報部の

「個人に関わるご質問につきましては、お答えを控えさせていただきます」

という、セクハラの存在を肯定も否定もしていないコメントが掲載されており、これが、みの氏の怒りを増幅させることになった。

仕事中もFX投資 150万円で挑んだサラリーマンは今

   毎日ジワジワと損失が増えていった時期は焦ったし、選んだストラテジーが効果を発揮すれば、万歳したい衝動に...続きを読む

PR 2015/03/23

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
055
2013/4/28 17:09

加害者に相談する被害者など常識で考えたら存在しない。そんなことしたらまず事件を揉み消すに違いない。それに加害者が自分から自白すること自体まずありえない。交通事故を除いては。だからみのもんたのセクハラに遭った女子アナは訴えるべきだ。ましてやみのもんたが自分からセクハラしましたなんて自白するわけがない。むしろなかったことにする男だ。みのもんたには相談すべきではない。それこそ、あの男の思うツボだ。山田アナは会社の上司に相談したのが正解だ。それで降板になった。いや、降板してみのもんたとは一緒に仕事しなくてすんだのが何より幸いだ。

054
nakayan 2010/9/28 12:20

みのもんた。芸術的トーク、専門家に鋭く切り込む質問、笑わせるな彼は専門化には揉み手をし弱い女子アナには上から目線で文句を言う、他局のニュース司会者を見習うべきだ。

053
日本人 2010/5/20 08:51

消費税に賛成か反対かを武蔵小山商店街で調査していたが…ハァ~ッ・・・あのね、武蔵小山商店街の賃貸相場と土地価格は高い、だから日本全国の意見にならないでしょ。何で夕張市で聞かないの?金持ちは資産に高額税をかけるのは嫌。しか~し日本が破綻したら資産が目減りしてこまる…ん~、ポッポ率いる富裕層はヒラメイタ、消費税で貧乏人からも更に税金を集めましょ。でしょ

コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

体内時計のリズムが崩れた!

すると、何が起こる? ①不眠症②うつ③時差ボケ④登校拒否症⑤夜間徘徊⑥肥満 →答えはミニッツへ

ミニッツシンキング'

通話や通信もストレスなし、LTE 接続も可能。こんどこそ、格安SIMに乗り換える好機?

春のライダー達に立ちはだかる大きな壁、それが「花粉症」

バイク