女子フィギア報道巡り 中央日報またまた「炎上」

印刷

   中央日報の日本語版サイト(「ジョインスドットコム」)がまたしても「炎上」に見舞われている。「自分は日本人だけど、安藤、浅田両選手よりこの(金妍兒)選手のほうが好き」とするネット上の反響が日本でもあったとする記事が「炎上」の発端だ。同サイトは2007年1月にも、秋山成勲選手について述べた記事で「炎上」したことがある。

「安藤、浅田両選手より金妍兒選手のほうが好き」

フィギア選手権をめぐり中央日報サイトがまたもや「炎上」
フィギア選手権をめぐり中央日報サイトがまたもや「炎上」

   中央日報・日本語版サイトは2007年3月25日、世界フィギュア選手権で韓国の金妍兒(キム・ヨナ)選手が3位になったことについて、「日本ネチズンも金妍兒の演技を賞賛」と題した記事を掲載。それは次のような内容だ。

「24日の世界フィギュア選手権で惜しくも3位に終わった金妍兒に対し、韓国だけでなく日本のファンも激励と賛辞を送っている。日本ファンは金妍兒の美しい演技に称賛を惜しまなかった。この日の演技を見た日本の金妍兒ファンらは中央日報ジョインスドットコム日本語版ホームページに接続し、300件以上のコメントを書き込んだ」

   そして、「自分は日本人だけど、安藤、浅田両選手よりこの選手のほうが好き。今回は残念だったけど、次はがんばれ。それにしてもアジアのフィギアのレベル高いね」といった金妍兒を絶賛するコメントを紹介した。

年収2000万円part1

   景気回復の影響で求人市場が活性化している。中でも注目されているのはヘッドハンティングだ。1000人以上のヘッドハンターが登録している「Bizreach」によると......続きを読む

PR 2016/3/16

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

創刊10周年を迎え新たなステージでのスタートを切るJ-CASTニュースで、あなたの経験と知恵を生かしませんか?

『汗』が気になる季節到来!

顔汗だらだらで会議も集中できない、メイクも崩れる・・・そんな経験ありませんか?

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中