エロは国境を越える! わいせつ画像検索すごい百度 

印刷

   中国最大手の検索エンジン「百度(Baidu)」日本語版が開設されてから1ヶ月ほどが経った。未だにWeb検索と画像検索機能の2つしか備えていないさびしい状況だが、思わぬところでこの検索エンジンの「効力」が注目を集めている。「わいせつ画像」の画像検索機能が凄いのだ。

中国政府、「百度」日本語版へのアクセス遮断?

「百度」がなぜか「わいせつ画像」検索で「評判」?
「百度」がなぜか「わいせつ画像」検索で「評判」?

   「百度」は2007年3月22日までに日本語版サービスを開始した。しかし、07年4月中旬までに中国から「百度」日本語版へのアクセスが遮断された模様だ。中国メディアはその理由について「ポルノ画像の取締り」を挙げており、日本語版サービスで「わいせつ画像」の検索が中国国内で話題になり、これを問題視した中国政府が中国国内からの「百度」日本語版へのアクセスを遮断したようだ。

   「百度」日本語版サービスではフィルタリング機能が設定されていない。デフォルトの状態でフィルタリングが設定されている検索エンジン「グーグル(Google)」などとは異なり、無修正の「わいせつ画像」がいとも簡単に検索できてしまう。中国では、そうした「わいせつ画像」の公開が政府によって禁止されており、中国国内では検索できず、そしてまたできないからこそ、中国国内からアクセスが殺到したとみられる。

   実際、「無修正」というキーワードで検索してみると「わいせつ画像」が数多くヒットし、「アダルト」というキーワードでも多くのトンデモ画像がヒットしてしまう。一方、「グーグル」ではここまでの「大量ヒット」はない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中