ニチイ学館、介護事業一括引き受けに前向き

印刷

事業所の指定取り消し処分を受けたコムスンの事業の買取を表明していた介護業界最大手のニチイ学館の寺田明彦会長は2007年6月14日、コムスンだけでなくグッドウィル・グループ(GWG)の介護事業を一括して引き受けることに前向きな姿勢を示した。6月15日付の産経新聞などが報じた。それによると寺田会長は、「介護事業は経験がないと不可能。一括引き受けが望ましい形態であれば検討しなければならない」と述べた。
GWGの介護事業の受け皿について、厚生労働省はコンプライアンスが徹底した企業を条件にしている。ニチイ学館も過去に業務改善命令を受けているが、寺田会長は「重要なのは現在。現在はきちっとなっている」と強気だった。6月15日以降にGWGの折口雅博会長に正式に買収を申し入れるという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中