トンコツラーメン「元祖長浜屋」閉店か再開かで大騒ぎ

印刷

   福岡市の老舗トンコツラーメン店「元祖長浜屋」が「休業」の表示を前触れなく掲げた。ファン達は「衝撃」を受け、「生きるか死ぬかの問題だ」という人も出て、インターネット上でちょっとした騒ぎになった。ほどなく再開情報が流れたが、6月20日になっても閉店を心配する書き込みが続き、存続を求める「署名運動」も始まっている。

「突然休業したのです」「行ったら店閉まってた。まじやばいっす」

   元祖長浜屋が休業したのは6月13日。その夜には、早速ネット上のブログやmixi(ミクシィ)などのSNSで、コメントが寄せられ始めた。手書きの赤字でそっけなく「休業」とだけ書いた紙が入り口に張られた店の様子の写真が掲載されたページもある。「写メ(写メール)で送られてきた。休業だって!?」と動揺した様子のコメントもあった。

「替え玉」発祥の店、「福岡市にとっては社会問題です」

多くの個人ブログが「元祖長浜屋」を紹介している
多くの個人ブログが「元祖長浜屋」を紹介している

   6月15日には、ミクシィ内で同店の「復活」を求める「署名運動」も始まった。ほかのブログにも「2日に一度は食べている私としては死活問題」「福岡市にとっては社会問題ですよ」「衝撃の事実」などとショックぶりがつづられている。福岡市内だけでなく、北海道在住でかつて福岡に3年半住んでいたという人のブログでは「北海道にいながらも、なんだかハラハラしてしまっている自分がいます」。

   老舗ラーメン店を巡っては、07年3月に東京・東池袋の「大勝軒」が閉店し、大勢のファンが記念撮影をするなど閉店を惜しむ姿がテレビや新聞で報道された。「つけ麺」(つけそば)商品化の先駆者の店として有名だった。元祖長浜屋はどんな店なのか。

   九州ラーメン研究会などによると、スープを残したまま麺だけお替りする「替え玉」発祥の店として知られる。1954年ごろに開業し、55年の魚市場移転に伴い、現在の福岡市中央区長浜地区で営業を始めた。魚市場の人が短時間の空き時間に「朝ごはん」や「おやつ」代わりとして食べるため、ゆでる時間短縮のため極細麺になった。ほどなく常連客の1人が「麺だけお替りできんと?」と聞いてきて、当時の大将が「よかばい(いいよ)」と答えたのをほかの客がまねし始め、ほかの店にも広がった。

   現在は、屋台がずらりと並ぶ長浜地区で、屋台ではなく店舗を構えている。本店と支店1店が歩いて数分の距離にある。1杯400円。観光スポットとしても知られる。一方で、特に本店では入った直後、客が注文する前に、店員が「1ぱーい(杯)」などと「普通仕様」のトンコツラーメンを人数分勝手に注文するという「観光地らしくない」店としても知られる。

   「いすに座ってメニューを見ようとしたら、もうラーメンが出てきた」という体験談を載せるブログも少なくない。慣れた客たちは、店に入った直後に「カタ(堅)」や「ナマ(生)」などと好みの麺の硬さを告げる。「ベタ」などとスープのこってり度を指定する客もいる。常連になると顔を覚えられ、勝手に好みの硬さで出てくる。「博多ラーメン」の呼称と並んで「長浜ラーメン」という呼び方も定着しており、その代表格の店だ。正月以外は無休24時間営業で、「台風や大地震のときでも開いている」などと語り草になっている。

「週明けに再開します」か「立ち退き」か

   ファン達の閉店への心配は、ネット上で様々な休業理由の憶測を呼びもした。「店主が従業員の応対の悪さにブチ切れてやめると言い出した」「地上げで立ち退くことになった」「店内の大掃除を始めた」など。しかし、6月16日には再開情報が流れ出す。「26日から」説や「27日から」説があった。「福島からバンザーイ。福島産まれの嫁も大好き」「気分よかったい こん店におる全員に替え玉ばやりぃ」「わくわくする」などご機嫌なコメントが並ぶようになった。それでも17日以降も未確認情報で「復活したらしい」「今日見てきたけど 復活してないじゃ-ん」などのやりとりが続いた。

   6月19日には、地元ブロック紙の西日本新聞が夕刊の社会面トップ扱いで「廃業?常連ら騒然」と元祖長浜屋「閉店」騒ぎを報じた。休業後の店を訪れたという信用調査会社担当者の「ただ事じゃないと感じた」などの話に加え、ネット上の署名活動も紹介した。その上で「同店の山本和子社長」の話として、「『従業員との確執説』を一蹴、『体調を崩して麺が作れなくなった』と明らかにした」「従業員に10日間の休業を伝えたという」と報じた。「週明け(25日)にも営業再開することを言明した」とも書いている。しかし、ブログなどでは20日になっても「近くで働いてますが支店は立ち退きですよ」「今朝女子社員が『つぶれたらしいよ』との一報。信憑性は高そう」と混迷状態だ。

   福岡市在住で「九州ラーメン物語」の著書もある原達郎さん(63)はJ-CASTニュースにこう話す。

   元祖長浜屋に限らず、ラーメンには、子供のころや若い時代からの思い出が詰まり「心のふるさと」になりやすい食べ物としての性格があるという。元祖長浜屋は、福岡のシンボルで「無形文化財と言っていい」存在で、「私も絶対に店を閉めてほしくない」。店の再開を言明した社長コメントは新聞で読んだそうだが、「本当に大丈夫だろうか」と心配している。

   一方、2ちゃんねるの19日の書き込みでは「たかがラーメン屋が休業したぐらいで大騒ぎするなよ」と突き放したコメントもあった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中