1万円の高級品も売れる「マイはし」 「割り箸」は消える?

印刷

   森林資源の保護やゴミの排出量の抑制をうたい文句に、使い捨ての割り箸を見直し、外食先へも「マイはし」を持参しようという動きが広がっている。居酒屋チェーンのワタミも07年7月から、国内全614店舗で割りばしを廃止し、プラスティック製の箸に切り替える。オープンしたばかりの箸専門店には若者から団塊世代までが「マイはし」を求めにやって来る。割り箸は生き残れるのか。

原料価格が上昇、割り箸価格も上がる

竹割り箸を輸入販売しているサイトでは、値上げに踏み切った
竹割り箸を輸入販売しているサイトでは、値上げに踏み切った

   インターネットで竹割り箸を輸入販売している「e-竹箸どっとこむ」は、6月1日から竹割り箸の価格を値上げした。輸入先の中国の原材料や製造コストの高騰したのが理由。「木製の割り箸も含め、中国でも自然環境保護に目が向けられていて森林伐採に厳しい制限が課せられている」という。

   J-CASTニュースが「マイはし」ブームの影響を聞くと、「いまのところ、その影響が売上げに直接響いているとは思えないが、居酒屋がプラスティック箸に切り替えたりしてくることを考えると、この先は減っていくのでしょうね」と、どことなくあきらめムードが漂う。

おしゃれ感覚で持ち歩く「マイはし」

   一方、「マイはし」ブームに乗って、福井県小浜市の箸メーカー「兵左衛門」は5月30日、東京・広尾に箸の専門店「にほんぼう」を出店した。箸は「和」の伝統を感じさせながらもカラフルな柄ものも用意。携帯できるものを意識しながら1膳1,000円からそろえている。売れ筋は2,000円~3,000円。「手ごろなのか、主に若い人が買っていきます」と、店主はいう。

   そのなかにあって、1膳1万円(税別)の携帯用箸「八四郎(はしろう)」は団塊世代を中心に、1日5膳ほど売れている。もちろん、箸置きや持ち歩き専用のケースも用意。

   店主いわく、「お箸をおしゃれ感覚で使ってほしい。それがコンセプトです」。できれば、料理によって箸を使い分けてほしいという。

   割り箸をやめれば本当に環境に役立つのか、については議論があるところだが、割り箸離れは少しずつ進んでいるようだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中