BRICsへの株式投資2兆1270億円、06年末で

印刷

日本からBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)への株式投資が拡大している。2007年7月17日付の日本経済新聞が報じた。日本銀行の「2006年末の本邦対外資産負債残高」レポートによると、BRICs4カ国への投資信託を含めた株式投資残高は06年末時点で2兆1,270億円となり、前年同期比1兆2,1000億円増となった。04年末の残高が4,790億円、05年末が9,170億円で、毎年ほぼ倍増している。個人投資家などを中心にアジアなどのエマージング株式を組み入れた投資信託の売れ行きが好調で、これが反映された。このBRICsへの投資残高はドイツへの残高(1兆8,910億円)を上回り、米国、英国、中南米、仏国、アジア(中国、インドを除く)に次ぐ規模になる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中