ソニーのパソコン電池また発火

印刷

ソニーは2007年7月19日、東芝の「dynabook」4機種と「Satellite」1機種に使われているソニー製電池で3件の発火事故があり、自主回収すると発表した。この電池は05年12月に製造し、東芝だけに計1万台が出荷された。ソニー製のパソコン用電池は2006年秋にも別のリチウムイオン電池パックが発火事故を起こしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中