薬害エイズから12年、「厚労省の徹底監視」訴えた川田龍平氏(東京)が当選確実

印刷

   薬害エイズの真相を追及している川田龍平(31)さん=無所属=が、東京選挙区(改選数5)で当選確実となった。NHKが21時35分に報じた。

   川田さんは初当選。血友病患者で、10歳で非加熱輸入血液製剤によりHIVに感染。17歳で東京HIV訴訟(薬害エイズ事件)の原告団に加わり、19歳のとき実名を公表。翌年、訴訟が原告勝訴のかたちで和解したが、以降も薬害エイズの真相を追及している。母は元衆院議員の川田悦子さんで、2000年にその秘書を務めた。

   今回の参院選は「動けば変わる。~生きるって楽しい、と思える日本へ。」をキャッチコピーに、薬害エイズから12年経っても変わらない「厚生労働省を徹底監視する」と訴えていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中