「脱ダム」の田中康夫・前長野県知事(比例区)が当選確実

印刷

   「脱ダム」「脱記者クラブ」などの宣言で知られる、前長野県知事の田中康夫さん(51)=比例区、新党日本=が当選確実となった。テレビ朝日が22時25分ごろ報じた。

   長野県知事選では田中さんは、00年の1期目の初当選時はシャンペン、2期目当選時は山中で長野県産のお茶で祝杯を挙げた。派手なパフォーンスで知られる。小説「なんとなく、クリスタル」で作家デビューし、1995年の阪神・淡路大震災の際のボランティア活動でも知名度が広がった。2000年秋に44歳の若さで長野県知事に初当選した。「草の根」選挙で組織に頼らない選挙戦を展開した。「しがらみのない」「なれあいのない」立場を強調し、「脱ダム」「脱・記者クラブ」宣言をした。
   一方、県議会側とは最後までほぼ「対決色」で推移した。06年夏の知事選では、自民党前衆院議員に敗れた。

   参院選選挙戦最中の07年7月26日、田中さんは記者会見し、田中さんが代表を務める新党日本について、事実上離党状態の所属の衆参2議員について、総務省に離党手続きを取ったことを明らかにした。参院選公約を巡り、路線対立が表面化していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中