日産、国内初のクリーンディーゼル車を発売へ

印刷

日産自動車は2007年8月6日、有害物質排出量をガソリンエンジン並みに抑えた次世代ディーゼルエンジン(クリーンディーゼル)を搭載したスポーツ多目的車(SUV)「エクストレイル」を、2008年秋に国内市場で発売すると発表した。国内でクリーンディーゼル車を発売する初の日本メーカーとなる。地球温暖化が進む中、ガソリン車に比べて燃費効率が高く二酸化炭素排出量が少ないディーゼル車は、エンジンと電気モーターを併用するハイブリッド車とともにエコカーの2本柱になるとみられ、ヨーロッパではすでに主流になりつつある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中