セカンドライフのラブホにある 「Hベッド」とは?

印刷

   米リンデン・ラボが運営するオンライン上の仮想3次元空間「セカンドライフ(Second Life)」では「仮想セックス」が盛り上がりを見せているが、その「仮想セックス」を可能にする「Hベッド」をめぐって、米国で訴訟が起こされた。「Hベッド」に仕込まれた「性行為」のアニメーションが違法コピーされたというのだ。日本人居住区のラブホテルでも「Hベッド」が備えられおり、今回の訴訟は日本と無関係ではない。

アニメーションのコピーはできないように設定されていた

「セカンドライフ」にはラブホテルもあり「性ビジネス」が盛んだ
「セカンドライフ」にはラブホテルもあり「性ビジネス」が盛んだ

   2007年8月13日のAP通信などによると、訴訟を起こしたのはフロリダ州タンパのケヴィン・アルダーマーさん(46)。45ドル(約5,400円)で売られている「SexGen」と名づけた「仮想セックス」ができるアニメーションのコピー防止装置が破壊され、アニメーションのコピーが販売されたとして、タンパにある連邦地方裁判所に訴訟を提起した。

   「セカンドライフ」では、アバター(ネット上の分身)同士による「仮想セックス」が盛んに行われているが、それはプログラム言語で設定されたアニメーション機能を使って行われる。アバターが「Hベッド」に仕込まれたアニメーション機能を選択すると、「性行為」のポーズを取り、その動作を行うというもので、様々な「体位」を選択して、「仮想セックス」することがプログラム言語によって設定されているのだ。

   実際、ケヴィン・アルダーマーさんが所有しているショップでは、100の「体位」が選択できるとされる「SexGen」が商品として販売されているが、アニメーションのコピーはできないように設定されている。これが何者かによってコピーされ、販売されたようなのだ。

   米国の報道では、コピーを販売しているアバターは、著作権侵害であることを通告されると「何する気?訴えるの?」などとシラを切ったようだが、アルダーマーさんの弁護士はこのアバターのリアルの世界での所在を突き止めたと述べている。

「セカンドライフ」では「性ビジネス」がお金になる

   なぜ、「仮想性行為」をめぐって提訴にまで発展してしまうのか。
   現在、「セカンドライフ」では「仮想セックス」で大きな盛り上がりを見せており、これらに必要なアイテムが仮想通貨「リンデン・ドル」で売買されている。この「リンデン・ドル」はリアルマネー・米ドルと換金でき、こうしたアイテムを売り出せば、実際にお金を儲けることができる、というわけだ。アルダーマーさんのショップでも、アニメーションのほか「性行為」や「2人で寄り添って寝る」アニメーションが仕掛けられた「Hベッド」が500~8,000リンデンドル(約250~4,000円)ほどで販売されているほか、「仮想セックス」用の「仮想性器」やSMグッズなどが販売されている。

   こうした「セカンドライフ」での「性ビジネス」は日本人居住区の「SUSUKINO」「KABUKI」といった仮想歓楽街でも盛んで、リンデンドルを支払って「Hベッド」が完備された部屋で他のアバターと「2人っきり」の時間を過ごせるラブホテルまであり、アバターたちの溜り場ではナンパが頻繁に行われている。

   さらには、「ストリップ劇場」の美人ストリッパーに話しかけると、「エスコートもやっております」と、仮想「売春」を持ちかけられる場合もある。ただし、アバターが美人であっても「エスコートガール」を操っているユーザーが「女性」とは限らず、「実は男が多い」といった噂もある。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中