松下製携帯電話用電池「発熱のおそれ」で回収

印刷

ノキア・ジャパン松下電池工業ソフトバンクモバイルNTTドコモグループは、松下電池製の「BL-5C」電池パックに、充電中過熱する恐れがあるため交換措置をとると2007年8月14日に発表した。日本国内での出荷個数は約16万個で、ソフトバンクモバイルの「Vodafone 702NK」など3機種計13万台弱と、NTTドコモの「FOMA NM850iG」3万3,000台に搭載されている。全世界では4,600万個を対象に無償回収する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中