カンニング竹山「窃盗告白」 犯罪なのかネタなのか

印刷

   お笑い芸人のカンニング竹山さん(36)がラジオ番組で過去の窃盗を「告白」した、とネット上で話題になっている。一方で、お笑い芸人だけに「ただのネタだろ」と冷めた見方もある。芸能人の「窃盗」告白を巡っては、過去に、女性タレントがテレビ番組で同様の発言をして、活動自粛になったこともある。犯罪なのかネタなのか。

森田健作さんの竹刀を「パクった」?

「カンニング竹山 生はダメラジオ」のサイト
「カンニング竹山 生はダメラジオ」のサイト

   告白は2007年8月17日未明、TBSラジオが放送した「JUNK2 カンニング竹山 生はダメラジオ」で流れた。スレッドが数本立った2ちゃんねるで「該当部分のテキスト起こし」をしたとする書き込みによると、竹山さんは、同じ所属事務所だったタレントの早見優さんにファンから届いた贈り物を「ちょいちょい盗みましたよ(笑)」と話したという。花瓶や目覚まし時計、ジャージ様のものが届いていた、という。

   書き込みではさらに、竹山さんは元衆院議員でタレントの森田健作さんのところにあった竹刀を「パクった」とも話した、としている。竹刀には、故・橋本龍太郎元首相のサインが書かれていたそうだ。竹山さんは飲み屋で自慢しようとしたが、酔ってくると竹刀が邪魔になり、「公園の池に捨てた(爆笑)」という内容だった、としている。時期はいずれもはっきりしない。

   2ちゃんねるの同じスレッドでは、「ネタだろネタ」「まあこれは冗談の範疇だろ」と受け流す書き込みが少なくなかった。「犯罪には変わりない」とする厳しい見方もあった。

   「窃盗」告白は本当にあったのだろうか。竹山さんが所属する事務所サンミュージックJ-CASTニュースが聞いた。担当者によると、早見さんと森田さんのものを盗んだという趣旨の話をラジオでしたことは事実だ。「しかし」と担当者は断った上で、「話した内容が本当の話かただのネタなのか、は分かりません」。竹山さん本人は終日撮影のため8月17日中の事実確認は困難という。窃盗をしたという趣旨の発言自体はあったことについてコメントを求めても、担当者は「現段階では何もいいません」を繰り返した。ネタだとしても不謹慎な内容ではないか、という批判もある点については「本人のいつもの『切れる』ネタもそうですが、ネタはいろいろな受け止め方がありますので」と答えるに止まった。

タレントあての贈り物を盗むのは難しいはず?

   同じサンミュージック所属の森田健作さんの担当マネージャーにラジオでの「告白」内容を伝えると、何年前かは覚えていないが、竹山さんが橋本元首相のサイン入り竹刀を欲しがり、森田さんが「あげた」場面があったと記憶していた。笑いを取るためのネタに使ったのだろう、という推測だった。

   一方、現在では違う事務所「キープスマイリング」に所属する早見優さんの担当者は、「告白」の舞台になった当時のことは知らなかった。しかし、事務所に届いたタレントあての贈り物はマネージャーが仕分けをするので、盗むのは難しいはずだ、としやはり「ネタじゃないですか」と話した。

   芸能人の「窃盗告白」を巡っては、2005年2月、タレントのあびる優さんが、集団で窃盗し、その後該当店がつぶれた、などとテレビ番組で発言したことが問題になった。ネットで批判が集り、所属事務所のホリプロはあびるさんの発言から数日後、「過去の万引き行為のお詫び」とする謝罪文をホームページなどで公表した。テレビでの話は誇張があったが、当分の間あびるさんの活動を自粛させた。「あってはならないことで、バラエティ番組で題材にすること自体に問題認識の欠如があった」というのが理由だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中