電通が「バーチャル東京」をセカンドライフに開設

印刷
「バーチャル東京」では、陸上競技やスキージャンプが楽しめる
「バーチャル東京」では、陸上競技やスキージャンプが楽しめる

   電通は米リンデンラ・ラボ社が運営するオンライン上の仮想空間「セカンドライフ(Second Life)」内に2007年8月24日に仮想都市「バーチャル東京」を開設する。8月25日から開催される世界陸上大阪大会にあわせて、この期間中にTBSが「バーチャル東京」内の仮想陸上競技場「バーチャル東京(VT)スタジアム」でユーザー参加型の100m走や砲丸投げなどの競技を開催する。9月1日には「バーチャル東京」内を走るマラソン大会が開かれる。

   さらに9月中旬には人気3D映像作品「スキージャンプ・ペア」を再現したジャンプ台が登場し、ユーザー(アバター)がスキージャンプを楽しむことができるようになる。9月下旬には慶応義塾大学セカンドライフキャンパスが開設され、慶応大学の実際の授業の映像が公開される。

   電通によると、2007年内に「バーチャル東京」に金融機関を中心とした30社あまりの企業が参加する。仮想店舗制作費・出店料・メンテナンス料で電通は計600万円ほどの収入を得るが、仮想空間内での物販などは当面はしない。また、将来は一般ユーザーに場所を提供することも検討している。

   セカンドライフ内の慶応大学キャンパスで研究を行う村井純・慶応大学環境情報学部教授は、「セカンドライフは地球の人類が対話できるという空間。インタラクティブなインターフェイスを可能にするという点で、セカンドライフは大変おもしろい、重要な意味を持っている」と語っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中