JAL、国内線ファーストクラス機内食は有名店提携

印刷
07年12月1日からボーイング777‐200型機などでファーストクラスが設けられる
07年12月1日からボーイング777‐200型機などでファーストクラスが設けられる

日本航空は2007年8月28日、07年12月1日から導入する国内線「ファーストクラス」のサービス内容を発表した。シートは本革素材で、ゆったりと過ごせる広い座面と背もたれ、傾斜角度が大きくいリクライニング。機内食はすべての時間帯で食事、軽食、茶菓・飲料を提供し、メイン料理には「分とく山」「なだ万」「アロマフレスカ」「鈴懸」など有名店との提携メニューを用意した。
ファーストクラスが設けられるのはボーイング777‐200型機の14席。羽田‐伊丹線(1日往復7便)から始めて、08年度以降に羽田‐福岡線、羽田‐札幌線へ順次拡大する予定で、「導入路線の状況を見ながら、羽田‐沖縄線などへの導入も検討したい」(西松社長)という。料金は国内線運賃プラス8,000円。空港にファーストカウンターを設置するほか、羽田空港のダイヤモンド・プレミアラウンジ、他の空港ではサクララウンジを利用できる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中