マクドナルドが「カフェ」を開業

印刷

日本マクドナルドは2007年8月29日、従来のハンバーガー店とは異なるスタイルの「マックカフェ」を首都圏を中心に15店で開業した。ハンバーガーは扱わず、フランスやドイツ、イタリアの代表的なパンを100円均一で提供したり、コーヒーやスープ、デザート類を出したりする。同社は家族連れでも若者同士でも楽しむことができる「新しいカフェ」を目指すとしている。値段は地域別価格制で、例えばコーヒーSサイズ170~180円(税込み)。状況を見ながら全国へ展開する計画だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中