吉野家「復活祭」牛丼3杯目が100円に ヤンキース松井選手もCMに

印刷
牛丼をかっ込むニューヨーク・ヤンキース松井選手
牛丼をかっ込むニューヨーク・ヤンキース松井選手

   吉野家ディー・アンド・シーは2007年9月14日朝11時から、「牛丼復活」1周年を記念して、牛丼3杯目が100円(並盛)になるキャンペーンを展開する。牛丼1杯につき、「牛丼札」を1枚進呈。2杯食べると、3杯目(並盛)が100円になる。配布期間は同日から9月27日24時まで。有効期間は同日から10月4日24時まで。

   また、14日からオンエアーされるキャンペーンCM「百年、うまい。」編には、昨年9月に左手首のケガから復活したニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜選手が登場。牛丼をかっ込むように食べる姿を披露。最後に、かつて同社のテレビCMで一世を風靡した「明日はホームランだ!」の名セリフも約30年ぶりに復活した。

   松井選手はCM撮影にあたり、高校時代、甲子園に出場した時に、夕食後チームメイトと宿泊先をこっそり抜け出して近所の吉野家に食べに行ったエピソードを「楽しい思い出」として話したという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中