京セラ、スペインに大規模太陽光発電施設を完成

印刷

京セラは2007年9月12日、スペインのサラマンカ市に超大規模太陽光発電施設「プランタ・ソーラー・デ・サラマンカ」を完成させた、と発表した。広大な丘陵地に建設した敷地面積約36ヘクタールのクリーンエネルギーの発電所。出力は13.8メガワットと、同社としては過去最大規模の太陽光発電施設。発電される電力は、地元の電力会社が購入し、約5,000戸分の電力を賄うことになる。

京セラが建設した太陽光発電施設「プランタ・ソーラー・デ・サラマンカ」
京セラが建設した太陽光発電施設「プランタ・ソーラー・デ・サラマンカ」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中