育児休業取得の国家公務員男性は過去最高の1.1%

印刷

人事院は、男性国家公務員(一般職)が2006年度に育児休業をとったのは、同年度中に子どもが生まれた人全体の1・1%の141人で、過去最高だった、と2007年9月13日に発表した。厚生労働省の06年度調査では、民間企業(従業員30人以上)の育休取得率は男性が0・57%だったことから、民間よりも先行していることがわかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中