憧れのラジコンヘリが1万円以下で、30~40代にブレイク中

印刷

   いま、小型で低価格の手軽な航空機ラジコンが、ちょっとしたブームを呼んでいる。従来は動力にエンジンを使用する重厚長大な機種が主流で、価格は最低で数万円~。いざ飛ばそうにも広い空間が必要だった。しかし、この数年で電動ラジコンが普及するとともに、小型化・低価格化が一気に進んだ。「室内向け」「インドア」を謳うものも増えている。

闇夜を照らすサーチライトは、コントローラーでON/OFFが可能だ。
闇夜を照らすサーチライトは、コントローラーでON/OFFが可能だ。

   大手ラジコンメーカー「タイヨー」が販売する「マイクロマスターHG」シリーズはそうしたトレンドを代表する機種のひとつ。手の平に乗るサイズのヘリコプターで、実売1万円を切る。昨夏の発売以来、1年間で約15万台を売り上げるという「予想を上回る大ヒット商品」(同社広報)になっている。

   低価格化の理由を聞くと、「機体の素材や電池など、各パーツのコストダウンを積み重ねた」のだという。その一方で、画期的な新機能も盛り込んだ。マイクロマスターHG以前の低価格ラジコンヘリは、「前進」ができなかったのだ。上がったり、下がったり、左右に向きが変えられるだけ。あるいは、機体に重りを載せ、重心を変えることで前進させる。後者の場合はホバリング(空中停止)ができず、やはりヘリの挙動を再現したとは言えない。そこで、国内メーカー初の「マグネット機構による前進機能」を開発、搭載した。コントローラーを操作すると、機体のマグネットがせり上がり、ローターの前方部を引きつけて、前傾姿勢を取らせる仕組み。前進とホバリングというヘリ型ラジコンの醍醐味を両立させた。

中高生向けで企画したものの、実際の購入層は圧倒的に30~40代の親世代

計9個のLEDが点滅・点灯するヘリポート。夜間着陸の雰囲気を醸し出す。
計9個のLEDが点滅・点灯するヘリポート。夜間着陸の雰囲気を醸し出す。

   今年7月中旬には二代目となる「マイクロマスターHG2ナイトクルーザー」が登場した。「ナイトクルーザー」の名に相応しく、機体にはLEDのサーチライトを搭載し、進入灯付きのヘリポートが付属するのも新たな趣向だ。室内を暗くすれば、夜間飛行の臨場感が味わえるというわけだ。リチウムポリマー電池を採用し、気になるバッテリーの持ちも約5分間(約50分充電)と若干伸びた。発売から1ヶ月半で約3万台を売り、楽天市場の売り上げランキングでラジコン部門の1位になるなど、こちらも好調に売上げを伸ばしている。

   先代と比べると、ローター形状の研究や、モーターの回転数を向上させたことで「よりパワフルで安定感のある飛行」を実現したという。同機の開発では、約1年前に導入された最新の3次元CADシステムを活用し、スピードアップとコストダウンを図った。ただし、CADで設計しても、いざ飛ばしてみるまでわからないのがラジコンヘリ。フライトの安定性のキーとなるローターの長さや角度などは「トライ&エラーの繰り返しで、苦労しながらベストなセッティングを探した」そうだ。

   さて、実際に"クルーズ"を楽しんでいるのは、どんな人たちだろうか。同機の企画段階では、中学生高校生向けの手軽な入門機という位置づけだった。ところがフタを開けてみると、「圧倒的に多かったのが30~40代のヤングパパ、ホビー好きの男性」だった。小型で値段が手頃なせいもあり、複数の機種をコレクションしていたり、子供にせがまれて買いに来た父親がハマってしまうケースも多いという。

大きな円形の安全リングで、上下のローターを保護する。
大きな円形の安全リングで、上下のローターを保護する。

   少子化などの影響で、子供向けラジコン市場は低迷傾向にあると言われる。「タイヨー」も、もとは太陽工業のラジコン事業部門で、業界内では老舗。トイ(玩具)系と呼ばれる低価格帯のラジコンには定評があった。しかし、営業赤字がかさみ、2月にセガトイズに売却。新会社「タイヨー」として再出発した経緯がある。厳しい状況のなか、子供向けに開発されたマイクロマスターHGは大人の興味を惹き、一躍スマッシュ・ヒット。新会社を支える"柱"の商品となった。同社では引き続き、「玩具でありながら大人の趣味にもなりえる、手軽で飛ばしやすいラジコン」を世に送り出していく構えだ。

   秋の夜長、ふと空いた時間に飛ばして遊べる――そんな小粋な玩具を手元に置くのは、きっと悪くない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中