増える投資顧問業者 1000社突破か

印刷

株式などの資産運用をアドバイスする投資顧問会社が増えている。2007年9月17日付の日本経済新聞は、8月末で1000社の大台に達した模様だ、と報じた。日本証券投資顧問業協会によると、07年3月末時点で財務省の登録を済ませた会社は903社だった。この5カ月間に約100社が登録したことになる。同協会も「1000社は超えている可能性がある」としている。新規参入は「いろいろなケースがある」(同協会)というが、なかには証券会社などから独立し、富裕層や中小企業を顧客とする個人事務所クラスの投資顧問業者も増えている。9月30日からは投資家保護をうたった金融商品取引法が施行されるので、投資顧問業についてもこれまで以上に厳しい法令順守態勢が求められることになる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中