バーチャルアイドル「初音ミク」 異常すぎる人気の秘密

印刷

   バーチャルアイドルが合成音声で、まるで本物の人間のように歌うソフト「初音ミク」が異常人気だ。通常なら年間で1000本売れれば大ヒットといわれるジャンルだが、発売後2週間で3500~4000本も売れ、生産が追いつかない。「ニコニコ動画」で検索すると、「ミク」が歌う楽曲が400本近くもアップされている。そして、おバカなセリフを言わせたり、音痴に歌わせたりするものまで大人気になっていて、「これからはアホなアイドルが流行る」といった論評がネット上に出てきた。

「もう人間の歌手なんていらねんじゃね?」

「初音ミク」がブレイク中だ
「初音ミク」がブレイク中だ

   「初音ミク」はクリプトン・フューチャー・メディア(本社:札幌市)が企画・制作し2007年8月31日に発売したボーカル・アンドロイドソフト。ユーザーがパソコンの画面上でメロディと歌詞を入力すると、16歳のバーチャルアイドル初音ミクが歌ってくれる。その歌声は「萌え」系で、単に歌うだけでなく、ハモったり、ビブラート、ブレス(息を吸う)音まで付いている。「ニコニコ動画」には400近いミクが歌う楽曲がアップされていて、「もののけ姫」や「you」といったアニメ主題歌を聞いた閲覧者からは、「米良よりうまい現実」「泣けてくる」「もう人間の歌手なんていらねんじゃね?」など驚きのカキコミが出ている。

   クリプトン社はJ-CASTニュースの取材に答え、本来ならばこうしたソフトは、技術の進化をアピールし音楽制作のプロに買ってもらうものだが、

「アイドル風の女の子が綺麗な声で歌うというコンセプトが新しいビジネスモデルになるのでは」

   と考えて製作した。「ニコニコ動画」にミクの歌声がアップされたことをきっかけに、「把握できない」ほどの注文が来たのだという。

   「ニコニコ動画」にアップされた曲は、制作した人の技術レベルやこり方によって、完成度に差が出ているが、ここに来て増えているのが、わざと音痴に歌わせたり、ギャグ用語を連呼させたり、イメージに合わない歌を歌わせ「笑い」を取ろうとするものだ。例えば、「ムーディ初音『右から来たものを左へ受け流す』の歌」「初音ミクでフタエノキワミ、アッー!」「初音ミクに組曲『シコシコ動画』を歌わせてみた」といったタイトルのものがある。

   「萌え」系というのは、ポジションバランスが微妙で、少し傾いてしまうといきなり別の存在になる。ミクはアイドルなのだが、先のような一連の楽曲で「アホっぽい」というイメージが一方で付いてしまった。しかし、その「アホっぽい」がこれまた大人気なのだ。そのため、ネット上には「これからはアホなアイドルが流行る」などの論評がある。

「アホの子」ブームがやってくる?

   ブログ「最終防衛ライン2」の07年9月12日付には、「『アホの子』ブームの兆し?」というタイトルでこう書かれている。

「僕が自身の『アホの子萌え』を明確に意識したのは、初音ミクだ。ニコニコ動画では、『ミクはアホの子』タグがあるくらいで、敷居の先住民 の sikii_j さんが語るように初音ミクにアホの子属性を定義した奴は天才だと思う」

   ブログ「敷居の先住民」の07年9月12日付にもミクは「アホの子」と書いていて、アニメ「らき☆すた」の例を出し、

「『声』はアホの子キャラを考える上での重要なファクターだと思うのです。あの声がアホの子じゃなかったらなんだというのかっ!みさおの予想以上の大人気っぷりは話題になってますけど、してみるとこれも『アホの子』ブームが来るという前触れの一つなのかも……っ!!」

   と解説している。

   しかし、メーカーにとっては、ミクのキャラを勝手に変えられるのは困るのではないだろうか。クリプトン社はこう答える。

「購入いただいた当初は、好きな曲、綺麗な曲をミクに歌わせていたと思いますが、次にソフトの可能性を探ろうとして様々なチャレンジをしていただいているようです。ソフトを使って他の人に迷惑をかけるようなものでなければ、色々試していただきたいと思っています」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中