妊婦にやさしい「マタニティープラン」 近畿日本ツーリスト

印刷

近畿日本ツーリストは2007年9月20日から、出産前の女性や夫婦を対象とした宿泊プラン「マタニティープラン」を発売した。「子どもが生まれたら、当分ゆっくりとした時間をすごせない」と感じる妊婦から、安定期に入ったら旅行に行きたいという要望が寄せられていたことを受けて、妊婦にやさしい、専用の旅行商品を用意した。
たとえば、鬼怒川グランドホテルの場合、ウエルカムハーブティーのサービスや食事の場所を掘りごたつやテーブル席にしたり、ローベッドの利用、夫婦で入る貸切風呂のサービスがある。宿泊代金は、2名1室おとな1人1泊2食で1万6000円~3万7800円。
温泉プランは、鬼怒川グランドホテル(栃木県)、河口湖・富士レークホテル(山梨県)、草津温泉・奈良屋(群馬県)。シティホテルプランは、神戸ポートピアホテル(兵庫県)、ヨコハマグランドインターコンチネンタル(神奈川県)。安産祈願に便利なホテルとして、日本橋・ロイヤルパークホテル(東京都、水天宮へ戌の日のお参り)と宝塚温泉・ホテル若水(兵庫県、中山寺へ戌の日のお参り)。
申し込みは、http://www.knt.co.jp/kodomo/ninpuで受け付ける。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中