時津風親方「ビール瓶で殴ってない」 夕刊フジが独占取材

印刷

斉藤俊さん(時太山)が相撲のけいこ中に急死した問題で、時津風親方が夕刊フジの独占取材に対し「ビール瓶で殴っていない」などと話していることがわかった。2007年10月2日の同紙によれば、時津風親方はビール瓶で斉藤さんを殴ったとされていることについて、「殴ってはいません」「そばにあった空のビール瓶でコンと小突いたんです」と話している。また、兄弟子が斉藤さんのお尻を金属バットで叩いたことに対し「そんなものでやっちゃダメだ、と私がすぐに止めました」と主張。弟子との「口裏あわせ」疑惑についても全面否定するなど、この事件についての多くの報道を否定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中