「モスライスバーガー カルビ焼肉」が復活 モスフードサービス

印刷
豪州産牛肉でBSE問題を克服 「モスライスバーガー カルビ焼肉」 モスフードサービスより販売
豪州産牛肉でBSE問題を克服 「モスライスバーガー カルビ焼肉」 モスフードサービスより販売

モスフードサービスは2007年10月12日から、オーストラリア産の牛バラ肉を使用した「モスライスバーガー カルビ焼肉」を発売する。04年1月にBSE問題で販売を中止していた「モスライスバーガーやきにく」(当時、米国産牛肉を使用)の復活版として展開する。
人気商品だった「モスライスバーガーやきにく」を中止するにあたり代替商品として「モスライスバーガー豚しょうが焼」を発売する一方で、米国産以外の牛肉による商品化を模索してきたが、このほど、米国産に味が近いオーストラリア産牛肉の安定供給が可能となり商品化に踏み切ったという。
同商品は、生の長ネギとしょうが、りんご果汁などを加え風味とコクを出し、醤油ベースの和風オリジナルソースに漬け込んだうえ鉄板で焼き上げた牛肉を、サンチュとともにライスプレートで挟んだ。タレのしみこんだ牛肉と醤油の焦げた香ばしさがマッチし美味しさをかもし出している。ほかにも、「モスライスバーガー 五目きんぴら」、「モスライスバーガー 鶏つくね」(11月下旬まで期間限定)を販売する。
価格は、「モスライスバーガー カルビ焼肉」が350円(税込み)、「モスライスバーガー 五目きんぴら」が260円(同)、「モスライスバーガー 鶏つくね」が300円(同)。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中