「バレーやバスケは先がない」発言 上田桃子ブログが炎上

印刷

   賞金女王ランキングのトップを走るプロゴルファーの上田桃子さん(21)が、テレビ番組でした発言を巡ってネットでバッシングを受けている。番組では、小学生時代の話を振り返る形ではあったが、バレーボールやバスケットボールを「先がないスポーツ」と話していた。

「他のスポーツを分かりもしないのに」と批判の声

テレビ番組での発言を巡ってお詫びの言葉をつづった上田桃子さんのブログ
テレビ番組での発言を巡ってお詫びの言葉をつづった上田桃子さんのブログ

   桃子さんの発言が飛び出したのは、2007年10月7日深夜に放送されたTBS系のドキュメンタリー番組「情熱大陸」の中。インタビュアーに対して、次のような話をした。

「自分は、あの、ははっ、意地汚いというか何なのか分からないんですけれども、同級生とかで、バレーとかバスケとかをしてる子が、もう不思議でしょうがなかったと言うか、先がないスポーツを何でできるんだろうと思ってて」

   これに驚いたのが、インタビュアーだ。すかさず、「先がないスポーツ?」と再質問した。桃子さんは

「プロっていうものがないじゃないですか。どうしてそこまで頑張れるのかなっと思って」

と説明したうえで、稼げるスポーツとしてゴルフを選んだと明かした。

   この場面が放送されると、桃子さんのブログ「桃尻桃子の『待ってろ世界!』」には、批判的なコメントが相次いだ。「他のスポーツを解りもしないのに語らないでほしい」「思ったことを何でもずばずば言えばいいというものではありません」などと、10月9日までの2日間で800件ほどが寄せられ、炎上状態になっている。2ちゃんねるでも、スレッドがいくつも立ち、話題になっている。

   しばらくブログの日記更新を事務局に任せていた桃子さんも8日、こうした事態に自らお詫びの一文を書き込んだ。

「友達はバレー部やバスケ部に入っていて、その頃はその世界にプロの世界があると思ってなかったので、どうして、そこまで頑張れるんだろうと不思議でした。取材中もそんな話をしてたつもりだったんですが…」

と弁解し、

「そういったつもりでなくても、自分の発言には今からもっと注意すべきだと感じたし、沢山の方に失礼なことを言ってしまった事を心からお詫びします」「私自身もっと大人になっていかないといけないと思うし、一つ一つの行動、言動には注意すべきだと思いました」

と反省の弁を述べている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中