興毅謝罪会見のテレ朝リポーター 「不愉快」とネットで批判

印刷

   亀田家を代表して謝罪会見した興毅さん(20)に対するテレビリポーターの質問攻撃が、「不愉快」とネットで批判の的になっている。会見に出なかった父親の史郎さん(42)のことで息子を追及する態度には、キャスターからも「警察の事情聴取のよう」と不評を買ったほどだ。かえって亀田家に同情を誘う皮肉な結果になっている。

反則指示を認め、亀田家を代表して謝罪

リポーターから厳しい詰問を受け、返答に困った様子の亀田興毅さん(日本テレビから)
リポーターから厳しい詰問を受け、返答に困った様子の亀田興毅さん(日本テレビから)

   記者会見の会場となった東京・新宿の協栄ボクシングジムは、2007年10月26日朝の会見前から記者やリポーターが集結し、異様な雰囲気に包まれた。午前9時からの予定だったが、興毅さんが渋滞に巻き込まれて遅れたため、協栄ジムの金平桂一郎会長(41)がまず1人で会見を始めた。そこで、金平会長は、亀田家への処分の内容を発表。その途中の9時6分に、興毅さんが会場入りした。

   現れた興毅さんは、なんと丸刈り姿。立ったままで、「遅れて申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げた。そして、眉間にしわを寄せ、苦渋の表情を浮かべながら、「まず内藤選手にお詫びしたいです。ほんまに、申し訳ございませんでした。自分を含め、大毅とオヤジの言動など、今までいろいろと深く反省しています」と謝罪の弁を述べた。セコンドとして自らの反則指示も認めた。過激な言動があった当時とは、まるで別人になっていた。

   興毅さんは「亀田家代表」として謝罪会見を開き、父親の史郎さんは姿を見せなかった。これに対し、ワイドショーのリポーターからは、次々に質問が浴びせられた。

   口火を切ったのが、テレビ朝日の男性リポーター。「お父さんの史郎さんが会見場に来られないのは、どういう理由でしょうか」。興毅さんは、言葉を噛み締めるように丁寧に受け答えした。しかし、リポーターの質問は、さらにヒートアップした。

   詰問調の質問が相次いだが、特に厳しかったのがテレビ朝日のリポーターだ。

「反省しているということは、(史郎さんが)反則を指示したということですか。そこが大事なんですよ。世界タイトル戦ですよ。反省したということでは済まない。その点を明らかにしてもらわないと次の試合はないのではないですか」
「本当のことを素直に言うことが一番大切なのですよ。もしよくないことをしたとしたら、きれいに謝られたらどうですか」
「お父さんは、以前こういうことを言っているんですよ。謝ったら負け。ここでも勝ち負けを基準にしているのですか。きちっと話さないといけないと思いますよ」

   こうした問答は延々と続いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中