初代より進化した斬新デザイン「INFOBAR2」 KDDI

印刷
「INFOBAR」の基本デザインは踏襲しつつ最新機能も搭載した「INFOBAR2」
「INFOBAR」の基本デザインは踏襲しつつ最新機能も搭載した「INFOBAR2」

KDDI沖縄セルラーは2003年10月に発売した「INFOBAR」の後継機種となる「INFOBAR2」を2007年11月下旬から全国で順次発売する。
初代「INFOBAR」は斬新なデザインで携帯電話業界に大きな影響を与えた商品。今回の「INFOBAR2」には四角い飴が口の中で溶けて丸みを帯びたようなデザインを採用。さらに、おサイフケータイや、最大197万画素のカメラ、ワンセグ視聴機能といった最新機能を搭載した。また、有機ELディスプレイを採用し、高画質の映像を楽しめる。初代「INFOBAR」で好評だった紅白ぶち模様の「ニシキゴイ」など4種のカラーデザインをラインナップする。
「INFOBAR2」発売とあわせてイタリア「ドムスアカデミー」を始めとする複数ブランドとのコラボレーション企画「mobile fashion」も展開。「INFOBAR2」向けストラップや携帯電話ケースなどのアクセサリーを販売する予定。「INFOBAR2」はオープン価格だが、2万円前後(税込み)での販売を想定している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中