東京ミッドタウン 初めてクリスマス・イルミネーションに包まれる

印刷

   オープン初のクリスマスを迎える東京ミッドタウン(Tokyo Midtown)に2007年11月15日から12月25日まで、クリスマス・イルミネーションが点灯する。

初めてのクリスマス プラザエリアは幻想的な雰囲気に…
初めてのクリスマス プラザエリアは幻想的な雰囲気に…

   「煌の世界 ~Kirameki~」を演出したプラザエリア、「彩の世界 ~Irodori~」のガレリアエリア、「瞬の世界 ~Matataki ~」を表現したガーデンエリアの3つのゾーンが、来場者を光のシャワーでもてなす。

   そのひとつプラザエリアでは、日立の32V型液晶テレビ「超薄型 Wooo UTシリーズ」が12月中旬の発売に先駆けて展示される。オーロラをモチーフにしたイルミネーションの色彩が、時間とともに変化し、幻想的な空間に「Wooo UTシリーズ」が浮かび上がる。11月28日からは、オリジナルシンボルツリーも展示される予定だ。

   「Wooo UT シリーズ」は、世界最薄の35ミリ、重さも従来のほぼ半分に抑えた。また、モニター部とチューナー部の「Woooステーション」を分離して、自由に設置場所を決められるようにした。外部機器との接続性も向上している。さらに外枠は香水のボトルのように、肉厚を変化させて素材の奥行き感を強調。ガラス越しの液体のような、深みのある色も再現した。モニター部は正面、背面ともフラットなデザインにして、「360°beauty」、つまりどこから見ても「美しい」を実現した。

   こうしたデザインの美しさや「レイアウトフリー」を生かして、カラーは、ブラックやホワイト、レッドにブルーを取り揃えるなど、女性向けインテリアも強く意識したものになっている。

   東京ミッドタウンのイルミネーションの点灯は期間中の16時から。クリスマスに向けて東京の夜の煌めきが本格的になりそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中